セミリタイア生活者の成功例とメリット・デメリット

 

こんにちは、kinkoです。

子供が成人した世代ではさほど生活費がかからないため、今すぐにセミリタイアしようと思えば出来てしまいます。

30代の家族持ちでエンゲル係数が高い世代でのセミリタイアした人の生活はどうなのか?大変興味があります。

“セミリタイア生活者の成功例とメリット・デメリット” の続きを読む


セミリタイア生活の必要な資金と注意点

 

こんにちは、kinkoです。

投資を頑張っているみなさんの中には、早めにリタイアして不労所得での生活を目指している方もいらっしゃると思います。

kinkoは専業主婦ですから、ある意味セミリタイア組かもしれません。本当のところ、どのくらいの資金があればセミリタイアが可能なのか検証してみました。

“セミリタイア生活の必要な資金と注意点” の続きを読む


シニア起業を考える!本当の働き方改革は自分でやるしかない?

 

こんにちは、kinkoです。

ブログやツイッターを拝見すると「ブラック企業」「社畜」といった会社に対しての失望が目立ちます。

早く会社を辞めたい、セミリタイアしたいといった内容のツイートも多く見かけるようになりましたね。

“シニア起業を考える!本当の働き方改革は自分でやるしかない?” の続きを読む


【アポ電強盗や投資詐欺に注意】インフレに強い老後の資産形成をしよう!

こんにちは、kinkoです。

厚生労働省が4年ぶりにマクロ経済スライドを発動しました!

うん?何やそれ…難しい経済用語で誤魔化そうとしてない?

小学生でもわかるように説明すると、物価と賃金が上がったので、公的年金の支給も増やしますってことです。

でも、物価上昇率1%賃金上昇率が0.6%(あれ?3%じゃなかったんかい)に対して、年金額の引き上げは僅か0.1%だそうです。

“【アポ電強盗や投資詐欺に注意】インフレに強い老後の資産形成をしよう!” の続きを読む


【50代でセミリタイア】夫婦の生活費を試算してみた!

こんにちは、kinkoです。

早ければ1年後にセミリタイア生活に入るかもしれない…という妄想を抱いています。

まぁ、主人は1ミリもそんな事を思っていないようですが、いつ病気して働けなくなるかわかりませんから、心の準備をしておきたいものです。

“【50代でセミリタイア】夫婦の生活費を試算してみた!” の続きを読む


【50代・60代のポートフォリオ】50歳からiDeCoとNISAの積立+元金500万円で老後の資金作り!

こんにちは、kinkoです。

50代の私たちの話題といえば、老後の資金作りです。

リアルな友人とはほとんど投資の話をしませんが、先日は珍しく投資について語りました。

その友人は、少ない資金でも50歳からでも老後資金が作れるという番組を見たそうです。

で、早速探して見たところ、忙しいサラリーマンや投資初心者には良さげ!と思いましたのでご紹介します。

“【50代・60代のポートフォリオ】50歳からiDeCoとNISAの積立+元金500万円で老後の資金作り!” の続きを読む


セミリタイアの先のことを夫婦で話し合う!

こんにちは、kinkoです。

なんだかなぁ〜、働き方改革ってなんなのでしょうね?

政府の方針、「70歳まで働け」と言わんばかりの政策に嫌気がさしています。

男性の健康寿命は72歳くらいなので、働き終わったら病気して死ぬのを待てって聞こえちゃうんですよね…被害妄想かしら?

“セミリタイアの先のことを夫婦で話し合う!” の続きを読む


20年後、厚生年金4割カット可能性!老後破綻にならないためには?

こんにちは、kinkoです。

現在、厚生年金を受給されているご夫婦の平均年金額は、約22万円です。これは、ご主人が新卒から定年まで40年近く働いてやっと貰える金額だそうです。

今のまま65歳支給を続けると、20年後の受給額は4割カットの13万円ほどになるという試算があります。

“20年後、厚生年金4割カット可能性!老後破綻にならないためには?” の続きを読む


退職後の生活資金の計算方法で驚くべき結果が!

 

こんにちは、kinkoです。

最近の関心ごとは、老後の生活資金の確保です。そのために貯蓄と投資に励んでおりますが、いったいいくら用意したら安心出来るのか?気になります。

マネー雑誌を読むと、「老後資金には1億円必要!」とか、「1000万円あれば大丈夫!」と、それはもう様々です。家族構成や住宅事情によって必要な老後資金は変わってきますから当然です。

“退職後の生活資金の計算方法で驚くべき結果が!” の続きを読む