【2018年夏】やりすぎ都市伝説が伝えたかった第7感とは?

 

こんにちは、kinkoです。

待ちに待った7月27日放送のやりすぎ都市伝説、楽しく視聴させていただきました。注目の関暁夫コーナー、今回の舞台はオーストラリア、5万年前からの先住民族アボリジニと、人間が忘れてしまった能力に関する話でした。

アボリジニは、独自の文字を持っていません。何故なら意思の伝達はテレパシーで行っているからだそうです。

また、アボリジニはドリームタイムと言われる過去・現在・未来が全て同時に一つの世界で存在する、その世界で生きているそうです。かなり独特な信念がありそうです。

西の部族が描いたと云われる壁画にワンジナと云われる創造主がいます。ワンジナは、ミルキィウェイ(天の川)から突然現れて人々に叡智を与えたとのことですが、口がなくテレパシーで交信していたそうです。

トルコの世界最古の遺跡ギョベクリテペで、人類に叡智を与えたと言われている人類最古の人型の石像にも口がなかったのと似ていますね。宇宙人って、みんなテレパシーを使えるのかしら。

超能力を超える「第7感」とは?

 

テレパシーや透視能力などの俗に超能力と云われるのが「第6感」です。憧れますね。

でも、この第6感は近年中に、テクノロジーで実現化されそうです。実際、マークザッカーバーグはテレパシーを実現するための技術者をリクルートしているらしいです。

さらに、テクノロジーと精神を融合することで新たな進化を目指す動きもあります。イーロンマスクがAIの脅威に対抗することを目的に設立した新会社ニューラリンクでは、埋め込み型のデバイスを介して脳とコンピュータとで大量の情報をやりとりできる技術確立を目指しています。

また、宇宙時代が始まった今、更に新しい能力が求められています。宇宙と交信できる能力、それが第7感です。ある国では、第7感を持った人間のリクルートが既に行われているそうです。

 

第7感を持った女性と接触

 

関さんは、「第7感」を持った女性のインタビューに成功しました。彼女は2歳の時に初めて宇宙人リトルグレイにアブダクション(拉致)されたそうです。その後も8歳、14歳、21歳、それ以降も何度もアブダクションされ、宇宙船の内部の記憶もあるようですし、宇宙人とのコミュケーションもできるようです。

彼女は体内にマイクロチップも埋め込まれており、宇宙船ではマイクロチップでドアを開けたり、買い物したりできたそうです。最新技術と思われてるマイクロチップ技術も宇宙からの啓示だったのかもしれません。

彼女は宇宙船内でヒューメイリアンも目撃したそうです。ヒューメイリアンとは、人間とエイリアンのハーフの生命体のことです。どんな能力があるかは今の所わかりません。

実は、彼女が頻繁にアブダクションされていた理由は、彼女と宇宙人との間に三人の子供がいるからであり、彼女自身もヒューメイリアンとのこと。衝撃です。既に政府の人間が彼女の遺伝子の研究を始めているそうです。

俄かに信じにくい話ではありますが、皆さんはどう思いましたか? ここからどのように展開していくか続編が楽しみです。あなたの周りにも、既に多くの宇宙人やヒューメイリアンが紛れ込んでいるのかもしれません。

過去の偉人と云われる人も宇宙と交信したり、アカシックレコードにアクセスできるといいます。これも第7感の持ち主という事かしら? ちなみに、kinkoの主人は第8感を持っていると言い張っています。ƪ(˘⌣˘)ʃ

信じるも信じないも、皆さん次第です。

関連記事:

【2018年5月】やりすぎ都市伝説SS〈前編〉

【2018年5月】やりすぎ都市伝説SS〈後編〉

 

お読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村テーマ 都市伝説へ
都市伝説