経済の話題

中東戦争から第三次世界大戦で世界経済崩壊へのシナリオ?

kinko
kinko
こんにちは、kinkoです

どうやら第三次世界大戦が陰謀論でなくなりつつあります‼️😱 エゼキエル書という予言の書に書かれている通りに中東戦争が勃発🔥 これもシナリオ通りなのでしょうか。

ハマス vs イスラエル戦争のはずがイランが加わり、アメリカも参戦とばかり空母2隻を地中海へ向かわせています。

不謹慎ではありますが、相場の世界では『遠くの戦争は買い、近くの戦争は売り』と言われることがあります。ウクライナとロシアの戦争は「遠くの戦争」にあたり、市場は一旦暴落してもそれ以上に値上がりしました。

今回も中東戦争だけでしたら「遠くの戦争」にあたります。しかし、世界を巻き込むとなると話が変わってきます。JPモルガンのCEOも警鐘を鳴らしています。

米金融大手JPモルガン・チェースのダイモンCEOは10月13日、「世界は過去数十年で最も危険な時期を迎えているのかもしれない」と警鐘を発した。

まぁ、彼らは個人投資家を動揺させて株を売らせ、安くなった株を掻っ攫っていくのが商売ですからね、話半分に聞いておいた方が良さそうですが…

とはいえ、本当に第三次世界大戦が起これば、株式投資どころではなくなります。日本がどちらにつくのかによって国民の命運が決まります。あのキッシーに命運を託すのは心許ないと思うのは私だけでしょうか?😅

日本もスイスのように永世中立国として、「いかなる戦争にも参加しない!」と宣言して欲しいものです。

個人投資家ができること

毎度、耳にタコができるくらい言っている事は、資金管理をしっかりしておくことです。人によってリスクの許容範囲が違うので一概には言えませんが、暴落が来た時に株を買える資金を残しておきたいものです。

戦争のような地政学リスクがなくても景気循環サイクルはやってきます。すなわち、景気が良い時がずっと続くわけもなく、必ず悪い時期がやってくるということ。市場が低迷した時こそ買い向かう勇気資金力を持ちたいです。

来年から新NISAが始まり、投資初心者の方が増えるだろうと思います。意気揚々と投資を始めても、市場の洗礼を受けて辞めていく投資家もいるのではないでしょうか。9割の個人投資家が負けると言われているこの世界で生き残るためには、一度に大金を投資しないで時間分散を心がけたいです。

チャンスは必ずやってきます。時間を味方につけましょう!

Kaz🍀
Kaz🍀
とか言いながら、結構買ってない?
kinko
kinko
テヘペロ😝

※投資は自己責任でお願いします。

お読み頂きありがとうございました!

資金管理をしっかりね!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村