2019年の世界情勢や経済はどうなる?独断と偏見で大予想!

新年明けましておめでとうございます!

今年は平成が終わり、新元号となりますね。

ネット上の元号の予測は「安久」、未来人と名乗る人たちは「栄安」や「安始」とか言っています。とにかく、「」が付くという予想が多いです。

5月1日の新天皇即位までには発表があるので、それまで粛々と待ちたいと思います。

さて、元旦から世界情勢や経済について、大胆予想をしていきますよ!

 

2019年のクレイグ氏の予言

 

今年も昨年に引き続き、世界一当たると言われているイギリスのクレイグハミルトンパーカー氏の予言を紹介します。

昨年の予言的中率は54%(kinko調べ)でしたので、半分以上当たると思うとドキドキしますね!

クレイグさんは、毎年9月に翌年の予言をしています。昨年11月に行われた米中間選挙などすでにいくつか当たっている予言がありました。

 

アメリカ近隣に関する予言

 

【予言1】アメリカはロシア軍を牽制!?

アメリカ軍はイスラエルを含めたシリアの周辺諸国に新たに展開し、ロシア軍を牽制する。アメリカとロシアはシリアを巡って危険なレベルまで対立するが、全面的な戦争にはならないだろう。

→ 昨年末にアメリカ軍はシリアから撤退との発表がありましたが…また、小競り合いが始まるのでしょうか?

 

【予言2】トランプのお陰でパキスタンからテロリストがいなくなる!?

トランプ大統領は、軍事力ではなく、パキスタンに経済的な圧力をかけ、大きな交渉をまとめる。さらに周辺のアラブ政府にも同じように迫るだろう。

これにより、パキスタンからイスラム原理主義者のテロリストが完全に退去するだろう。しかし、テロリストはアフガニスタンへ集結し、治安が悪くなるだろう。

 

【予言3】トランプ大統領が病気になる!?

大統領の任期が危ぶまれたり、死ぬほどの病気ではないが、しばらく大統領の職務を休むことになる。この病気を理由に反トランプ派が辞任を要求するも実現はしないだろう。

威勢のいいトランプさんでも70才過ぎのおじいさんですからね、病気することもあるでしょう。

 

【予言4】トランプ家のものが自動車事故!?

自動車事故か自動車に関係した事件が起こるだろう。

 

【予言5】トランプに新たなスキャンダル!?

トランプ大統領に新たなスキャンダルが持ち上がり、反トランプ派が弾劾しようとするが、これも実現しないだろう。

→ スキャンダルの多いトランプさんですから、何が出てきても驚かないかもしれません。

 

【予言6】トランプは中間選挙で勝利する!

トランプのスキャンダルは支持率には影響しない。2018年11月の中間選挙で共和党が勝利する。そして、2020年の選挙で勝利し大統領を2期務めるだろう。

中間選挙は当たり!普段通り捻れ国会となりましたが、トランプ大統領は勝利宣言しました。(昨年9月にこの11月の選挙を占っていました)

 

【予言7】NASAは月面基地の建設を発表する!?

月面基地の目的はレアアースの採掘で、この計画の予算が計上されるだろう。

→ 中国やロシアも月面基地の計画がありますからね、アメリカも追従するでしょう。

 

【予言8】バブルの崩壊は起こらない!?

アメリカ経済には多くの懸念があるが、金融危機やバブルの崩壊は起こらないだろう。2019年のアメリカ経済の景気は絶好調だろう。

→ 昨年末の株安があり投資家は不安でいますが、これが本当なら嬉しいですね。

 

【予言9】アメリカで地震が多発する!?

全米で地震が多発する。太陽活動の活発化の影響で、多くのハリケーンが襲うだろう。

 

【予言10】カナダで森林火災!?

カナダで森林火災が起きる。自然災害も多発するだろう。

 

【予言11】有名人カップル夫婦が同時に自◯!?

有名人カップル夫婦が誰かわからないが、2人同時に自ら命を絶つだろう。

 

EUに関する予言

 

【予言1】選挙で反EUが大躍進する!?

ヨーロッパの選挙でEUの極右が大躍進し、各国の議会で多数派となるだろう。

 

【予言2】EUの旗のデザインが変わる!?

EUの旗の角に米国旗にあるような星のマークが加えられるだろう。

 

【予言3】欧州統一軍が結成される!?

→ 現在、フランスのマクロン大統領が欧州軍の必要性を強調しています。

 

【予言4】ドイツのメルケル首相が辞任する

当たり!昨年10月末にメルケル首相が2021年に首相退任と表明しました。(こちらもクレイグさんが予言した時はわかっていませんでした)

 

【予言5】トイツの自動車産業に大打撃!?

トランプ大統領がドイツ車に高関税を課し、中国はドイツ車の輸入を停止する。そのため、ドイツの自動車産業は大打撃を受けるだろう。

 

【予言6】EUに大量移民で抗議運動が起こる!?

EUにシリアから移民が大量に押し寄せる。これにより、フランス・ドイツ・スウェーデンなどで激しい抗議運動が起こるだろう。

 

【予言7】ヨーロッパ経済の低迷とユーロ安!?

2019年のヨーロッパ経済はかなり厳しい。ドイツは極右の抗議運動や経済の低迷に見舞われる。そのため、年末までユーロの価値は下落するだろう。世界の貿易や金融は大きく低迷するだろう。

→ EUを含む世界経済は良くなさそうですが、アメリカ経済が絶好調?とありましたので、2019年はアメリカの一人勝ちなのかしら?

 

予言を考察

 

いかがでしたでしょうか。

トランプ大統領に関する予言が多かったですね。アメリカ経済は絶好調?というのは意外でした。

昨年、IMFが発表した世界の経済成長率は、アメリカも下方修正しているので、ちょっと信じられません。

引用元:野村アセットマネジメント

表にもあるようにアメリカの経済成長率は、2018年の2.9%→2019年の2.5%と鈍化すると予想されています。

ヨーロッパは、経済の低迷だけでなく移民問題など問題が山積みですね。イギリスのブレグジットが実行されるのかも気になります。

昨年は、「」という字が象徴されるほど、日本でも自然災害が多かった年でした。今年も太陽活動の活発化やポールシフトなどでさらなる災害が起こると予想されています。

特に日本は、台風や地震の発生が多い国ですから、日頃から防災用品を備えておきたいですね。

 

クレイグ予言のトピックまとめ

 

  • トランプ大統領が病気になる
  • アメリカ経済は絶好調
  • EUは移民問題と経済低迷
  • 2019年末までユーロ安が続く
  • EU国旗のデザイン変更
  • 自然災害が多い

お読み頂きありがとうございました!

今年もよろしくお願います!m(_ _)m

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村