大人気米国株ETFのVTIを売った理由

こんにちは、kinkoです。

3〜4年後の配当金生活へ向けて米国株投資をしています。

昨年夏、米国株村界隈で人気だったVTIを50株買いました。ETFは、個別株と違い倒産のリスクはなさそうだし、ファンドマネジャーが銘柄の入れ替えをしてくれますから絶対に売らない!買い増し続けるぞ!と意気込んでいました。

1月の暴落時にも買い増ししようか悩んでいたくらいだったのに、結局手放しました…(ノ_<)

VTI 50株売却
@126.65→@140 ドル(約+10%)
売却益667ドル(税込)

 

VTIを売却した理由

 

1. 配当利回り1.67%に減少

VTIは、今をときめくアマゾンやアップル、バークシャー・ハサウェイを組み入れています。経費率は0.04%と安く、ここ5年の値上がり率は94%にもなり、たぱぞう先生も推奨しているくらい非の打ち所がない素晴らしいETFの一つだと思います。

しかし、配当金重視で、将来の値上がり益が必要のないkinkoにとって、配当利回り1.67%は物足りないのです。もっと配当利回りの高いHDV(現在3.4%)あたりに移行しようと考えています。

2. 米国市場が不安定

ここ2、3ヶ月乱高下が続いている米国市場、日本市場も荒れ気味です。VTIも2月の暴落時には一時、147ドル→130ドルと10%ほど下げました。

【VTI 1年チャート】

参照:楽天証券

機関投資家のマガさんが次の暴落を狙えと言っている事もあり、利益があるうちに手放し、キャッシュポジションを高めておこうと思いました。

3. 積み立ては継続

昨年10月から楽天・全米株式インデックス・ファンドへ月1万円ずつ積み立てを始めています。これはVTIへ投資する投資信託ですから、間接的にVTIを保有していることになります。この積み立ては継続していくつもりです。

また、VTに投資する楽天・全世界株式インデックス・ファンドやiFree S&P 500 インデックスファンドにも積み立て投資しています。

【関連記事】

全世界株式や全米株式に投資するファンドが新発売!

iFree S&P500 インデックスの積立設定をしたよ!

 

インカム、インカムゲイン〜♪と言いながら、先週はIBMを売却し、そしてVTIまで売った事を主人に報告すると、「結局、キャピタルじゃん?」と言われてしまいました。(^◇^;)

「利食い千人力さ〜」と言い訳しつつ、配当金が減ってしまう!と焦るkinkoでした💦

※投資は自己責任でお願いします。

お読み頂きありがとうございました!

ポチッとして下さると嬉しいです♪(๑˃̵ᴗ˂̵)

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

 


“大人気米国株ETFのVTIを売った理由” への2件の返信

  1. こんばんは、はは。たしかに。キャピタルや。
    米国株近々買いますよ。個別株オススメありますか?
    ウェルスナビも始める予定です。

    1. 火消し男さん、おはようございます。

      私の方こそお勧めあったら教えて頂きたいです〜💦

      狙っているのは、配当利回りが良くて、外国源泉課税のかからないADR銘柄あたりです。最近の乱高下で個別銘柄より、ETFの方が無難かな?と思ったりもしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です