カテゴリー
未分類

バリュー投資家のための「米国株」データ分析を読んでみた!

こんにちは、kinkoです。

先日、ブログ『複利のチカラで億り人』の米国株投資家のひろめさんが、新書を出されました!

バリュー投資家のための「米国株」データ分析』という本です。

1年がかりで作成されたという渾身の241ページです!

この本は米国株投資家のバイブルになりそうな一冊です。

 

本の目次

 

1 . ひと握りの優良株に投資する方法

2 . バリュー投資の実践術

3 . 「米国株」データ分析の手順

4 . 配当にかかる税金の知識

5 . 米国株と配当金生活

この5つの項目、目から鱗の情報が多かったです。

米国株投資家を謳ってきたことが恥ずかしくなるくらいです。

一番驚いたことは、インデックス投資よりも25年連続増配銘柄への分散投資の方が低リスクな上にアウトパフォームしているってこと。

私の中のインデックス最強説が音を立てて崩れました。

_| ̄|○

 

どのくらいアウトパフォーム?

 

とは言え、インデックスよりちょっぴり上回っているだけなら、銘柄分析なんて面倒だからETFでいいじゃん?って思いながら読んでいました。

本書の中に「配当貴族指数がS&P500指数を年率平均+2.41%もアウトパフォームしている。」とあったんです。

2%か…結構大きいなーと読み進んでいくと…

ひろめさんが名付けた配当公爵という銘柄だともっと凄い結果が!!

過去25年間で配当公爵(平均)は約11.2倍、S&P500指数は約5.4倍ですって!

年数を重ねるほど開きが大きくなっています。

配当公爵は現在55銘柄…この銘柄欲しくなりました。

 

読者特典付き

 

データ分析が大事ってわかったけど、どうやるの〜?

って思っていると、読者特典にしてくれてました。

・米国株データ分析サンプルファイル

・米国株配当集計Excelシート

これならkinkoでも出来そうw

 

米国株で配当金生活

 

次に興味をそそられたのが税金社会保険料についてです。

配当金生活を目指す人は知っておいた方が良い情報が満載でした。

社会保険料免除等は手続きしないと引かれぱなしですからねー

知っていると知らないとでは雲泥の差があります。

そして、税金面では総合課税と申告分離課税のどちらが得なのか?を具体的な配当金額に応じて一覧表にしてくれてあります。

日本株の配当金があれば配当控除が受けられるので、米国株80%、ADR15%、日本株5%の場合の税金がいくらくらいかも一目瞭然です。

これだけでも一冊の本になるくらいのボリュームでした。

 

【あとがき】

この本のデータ量がハンパなくて1度では覚えきれませんでした(笑)。

理系の主人がデータ分析に食いついています。

数字に強い男性の方が面白く読めるかもしれません。

配当公爵なる個別銘柄にも注目しつつ、配当金生活を目指したいと思います!

 

※投資は自己責任でお願いします。

お読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村