【米国の革命】過去最長の政府機関閉鎖!裏で何が起こっている?

こんにちは、kinkoです。

アメリカは、12月末から「メキシコの壁」の予算を巡って、一部政府機関を閉鎖しています。

これは、過去最長になるそうで、政府機関に働く80万人がトランプ大統領へ抗議しています。

表向きは、トランプ大統領のワガママに見えますが、果たして?

 

トランプ大統領VS民主党

 

日本人から見れば、政府機関を閉鎖してまで「メキシコの壁」に拘るトランプ大統領と、6200億円程度の予算に反対する民主党は、どっちもどっちと思うかもしれません。

しかし、アメリカにとっては、メキシコ移民を装った犯罪組織が入って来たり、麻薬の密輸の温床になっているところから国民を守りたいのです。

日韓の問題に置き換えるとわかりやすいでしょう。これだけ韓国と揉めれば、距離を置きたいと思いますものね…

民主党は財政難を理由にしていますが、トランプ大統領がやることが気に食わないし、『壁』を作られると困る人たちがいるのかもしれません。

 

裏で起こっていること

 

あくまで陰謀論としてお読みください。

Qアノン情報では、幼児性愛者や人身売買、9.11に関わっていた犯罪者を大量に逮捕しているという話があります。(逮捕候補者は7万人以上)

アメリカで年間80万人もの子供が失踪しているのは、そういうことらしい…最後にはレプタリアン(宇宙人)のエサになっているって都市伝説もあるくらいです。もはやSFですね…

トランプ大統領が側近達をクビにしているのは、側近達がディープステート(影の支配者)に染まっているからという噂があります。共和党の中にも敵がいて大変だぁ〜

真のディープステートは国の予算を牛耳っている政府官僚だ!という驚きの情報もあります。

彼らをクビにする事が出来ないから「政府機関を閉鎖」ということでしょうか?

 

トランプ大統領が危ない!

 

トランプ大統領は、リンカーンやケネディが成し遂げられなかった通貨発行権を取り戻そうとしています。ツイッターでFRBを攻撃しているのを見ると、本気かもしれません。

その大統領お2人はすでに暗◯されていますから、トランプ大統領も危ないと思います!

Qアノンが必死で守っていますが、銃撃戦が起こったという話もあり、命を狙われているようです。

ダボス会議を欠席した理由もそれなんじゃないかしら?

イルミナティカードでトランプ大統領の暗◯予言があるくらいですし、今年は非常に危険な年になりそうです。

引用元:イルミナティカードの予言③トランプ大統領編

 

アメリカ次第で世界が変わる

 

5億人計画のために、ディープステートによって人工地震、ケムトレイル、自作自演のテロを起こされ、果ては第三次世界対戦まで計画されていたそうです。

Qアノンとトランプ大統領の「人類救済計画」がやっと世に出るようになって、状況は一変しています。

フランスから始まった「黄色いベスト運動」は欧州全域に広がっていますが、ジャンヌダルクのような英雄がまだいません。

アメリカには、トランプ大統領という革命家がいます。

ディープステートVS Qアノンのどちらが勝つかで世界は変わると思います。

 

考え過ぎのオカルト投資家

 

自称オカルト投資家のkinkoです。(笑)

もちろん、Qアノンを支持しています。

しかし、戦争は「勝てば官軍」なので、ディープステートが勝てば、テロや戦争が起こる事が予想されますし、金融危機も起こされるでしょう。

Qアノンが勝てば、新通貨NESARAへ移行となり、これまた金融不安が起こりそうな気がして、積極的に投資が出来ません。

ドルより円の方が価値が高くなる?紙幣より金?

通貨は「信用」で成り立っていますから、ドルの信用がなくなったらどうしよう!

などと考え過ぎて頭が痛い!

主人が「じゃぁ、物にしとこうよ」と言ったので、てっきり「不動産投資?」と思ったら…

「時計とかブランド物」ですって!

家にもテロ犯がいたわ〜

お読み頂きありがとうございました!

ポチッとして下さると嬉しいです。(*^^*)

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村