オカルト

【エコノミストの予言】THE WORLD AHEAD 2024年の考察!

kinko
kinko
こんにちは、kinkoです

さぁ、今年も残り少なくなってきましたね!この時期、都市伝説界隈では「THE WORLD AHEAD 2024」が話題です。

えっ!ご存知ない!?

簡単に言うと、エコノミストという雑誌の表紙がこれから起こるであろう予言を表している…というオカルトです。

来年の表紙がこちら

エンタメですので、独断と偏見で考察していきますよ〜

THE WORLD AHEAD 2024

まず、上段、中段、下段と分けて考察していきます。

①ウクライナ戦争がまもなく終わる?

ゼレンスキーとプーチンの間に残り少ない砂時計があり、終戦を示唆していると思われます。その時期が下の皆既月食?らしきマークで表されています。来年の月食が3月25日半影月食、9月18日部分月食で、皆既月食ではないので違う気がします。

皆既日食を調べると、4月9日皆既日食(アメリカ、メキシコなど)10月3日金環日食(南太平洋、チリ、アルゼンチンなど)とあり、アメリカのトランプとメキシコのシェインバウムが描かれているので、4月9日あたりが有力かな?と推察します。

トランプは自分が大統領になったら3日で戦争を終わらせると言っているくらいですから、平和の象徴鳩です。ゼレンスキーの方にミサイルマークがあり、戦争屋がついていますね。

②宇宙開発が活発になる

ここ数年、ロケットマークが描かれています。今頃になって、UFOや宇宙人の存在を小出しにして宇宙防衛を謳いはじめています。全ては金儲けのまやかし、人類よりも叡智のある宇宙人が地球へ攻めてくるはずがありません。もうとっくに支配されていますよ。

③メキシコ大統領選挙は初の女性誕生へ

中段の中央に投票箱があり、キューブの形でY(女性)を表しています。メキシコ大統領候補のシェインバウムが当選しそうです。アメリカでも大統領選挙がありますが、トランプの顔に?の文字があるので、現在では決まっていないようです。

④支配しているのはイルミナティ

中段左にプロビデンスの目があり、4つの脳に繋がっています。ゼレンスキー、プーチン、バイデン、習近平それぞれに指示を出して世界を混乱させ支配しているのでしょう。もう隠さなくなってきましたね😅

⑤貨幣価値が下落する?

中段右に下落チャートがあり、ポンド、ユーロ、ドル、円描かれています。物価が上がり貨幣価値が下落することを示唆しているのではないでしょうか。

しかし、船の上にコンテナーが山積みになっているのが不思議です。もしかしたら、物価の方が下がり物が余る?という逆の事が起こるかもしれません。「?」のマークが意味深ですね。

⑥バイデンと習近平が鉱物争い

下段中央に南米と東南アジアの地図があり、その両横にはバイデンと習近平がそっぽをむいています。アメリカは風力発電、中国は電気自動車で多くの鉱物資源が必要です。それらを輸入するため南米や東南アジアを狙っている構図でしょうか。

ちなみにこのまま電気自動車の需要が増えれば、2050年には銅が不足すると予想されています。

相変わらず、ハリケーンや自然災害を地球温暖化のせいにしていますね。いつまで続くのやら…ミニ氷河期が来た時、何て言い訳するのかしら?

※信じるか信じないかはあなた次第です!

おばさんの気まぐれ考察を笑って頂けたでしょうか?

お読み頂きありがとうございました!

貨幣価値が下がるなら株を買うw
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村