2018年の配偶者控除改正で年間16万円増税の可能性も⁉︎

 

こんにちは、kinkoです。2018年1月から配偶者控除の改正で、低所得者は減税になりますが高所得者は増税になります。基礎控除枠の減額やなくそうといった動きもあり、サラリーマン世帯への負担は増すばかりです。

配偶者控除大改正

 

2018年からの配偶者控除は次のようになります。

① 配偶者控除の控除額が改正

出典:国税庁

② 給与所得者の所得制限

合計所得金額が1,000万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができない。(改正前:給 与所得者の合計所得金額の制限無)

出典:国税庁

③ 配偶者特別控除の控除額が改正

配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下。(改正前:38万円超76万円未満)

出典:国税庁

具体的な例

 

〈非正規社員は減税〉

・夫の年収300万円、妻の年収150万円の夫婦ともに非正規社員の場合は、今回の改正によって、夫は配偶者特別控除を受けることができるようになります。所得税・住民税の合計で年5万2000円の減税となります。

〈年金受給者は減税〉

・夫の年金額が250万円、妻の年金額が200万円の場合、夫は配偶者特別控除を受けることができ、所得税・住民税で年5万2000円の減税となります。

〈年収1,220万円以上は大幅増税〉

・夫の年収1250万円、妻は専業主婦で無収入という家の場合は、夫は年収上限を超えて配偶者控除を適用されなくなるため、所得税・住民税の合計で年15万8400円の負担増で大幅な増税になります。

 

今回の改正の目的は、女性の就労促進を促すためだそうです。配偶者所得の控除の上限を上げて、もっと働いても大丈夫ですよ、というのはわかります。

解せないのは、年金受給者の配偶者控除…これって必要なのでしょうか?単身の年金受給者にはない制度で、これでは不公平だと思うのです。

上の例で言うと、世帯年収は450万円で現役世代の平均年収並みに年金をもらっているわけですから、現役世代から見れば「年寄り優遇」と思われても仕方ありません。

また、高額所得者の年収1,220万円以上で控除がゼロになります。取れるところから取ろうという魂胆が見え見えですね。

 

kinkoの国税局へ一言

 

kinkoの50代の友人達は、世帯年収1,000万円を超える方が多いですが、大学生を抱え、住宅ローンを払っている時期です。とても余裕があるようには見えません。

パートをしている友人は、106万円の壁があるからとかご主人の扶養の範囲内で働いてるのではなく、親の病院通いの付き添いはもちろん、何かと用事で呼び出されるためにフルタイム勤務は無理だと言っています。

働きたくても働ける環境にない人達から、ご主人の年収が高いからといって、実質増税するなんて無慈悲すぎると思います。

若者から見れば年収高いんだからいいじゃない?とお思いでしょう。

でもね、私達50代はずっと国からの恩恵なし世代なんです。夫婦共働きは児童手当もらえなかったし、世帯年収の壁で公団に住めなかったし、子供の医療費無料制度もなかった。それに年金受給開始年齢は65歳からになり、空白の5年間が生じます。

現在、定年制が65歳へ移行中ですが、ある企業は55歳〜60歳までの給料を65歳まで細分化する、つまり1,000万円の年収×5年分を、500万円の年収×10年とし65歳までの定年にするらしいのです。

誰が考えてもおかしいですよね?5年間無償で働くってことなんですから。でも、友人のご主人は利用しようか迷っているそうです。

ずっと自助努力して、会社にしがみつくしかなかった今の50代。やっと60歳の定年が見えてきたのに65歳に伸ばされ、そのうち年金の支給開始年齢が70歳になるのでしょう。

国税局さん、源泉徴収があるからサラリーマンから税金が取りやすいんですよね?サラリーマンで自分がいくら税金を払っているか知っている人は少ないと思います。

海外は全員確定申告で、自分がいくら払っていてその税金が何に使われているかの意識が高いんだそうです。そうなって困るのは国税局かしら?

とにかく、サラリーマンいじめは辞めて下さい、お願いします。

kinkoは消費税の方が平等だと考えています。

関連記事:「独身税」で大炎上!財政難はどうする?スティグリッツの提案とは?

なんか愚痴になってしまいました…

 

ま と め

 

  • 2018年から配偶者控除の大改正がある
  • 非正規社員や年金受給者は減税の可能性
  • 年収1,220万円以上は配偶者特別控除ゼロ

 


“2018年の配偶者控除改正で年間16万円増税の可能性も⁉︎” への4件の返信

  1. 初めまして。夫は45歳で年収が1千万円を超えています。超えていると言っても、数万円超えているだけです。私はパートで年収103万以下で働いています。
    子供は現在高3と中3。ダブル受験で、塾代もかさみます。
    年収の関係で高校の就学支援金ももらえず、児童手当もありません。
    高い税金を払っているのに、とても悲しいです。年収1千万あればいい暮らしをしていると世間では思われてるかもしれませんが、そんなことはありません。
    夫はズルしたり楽して働いてるわけではなく、一生懸命働いてお給料をいただいています。今の仕事に就くために、努力をしてきました。
    失礼な言い方ですが、全員が全員でなないのは承知で申し上げますが、低所得の方は職に就くに当たって努力して来られたのかな…なんて意地悪な気持ちが芽生えます。
    家庭のお金の事情の事なので、誰にも気持ちを言えず、愚痴ばかりで申し訳ありません。

    1. ジャスミンさん、はじめまして。コメントありがとうございます!

      年収1千万円世帯は、各種手当の恩恵も受けられない上に税金や社会保険料が高く、皆さんが思っているより手取りは少ないですよね。一番損している世帯な気がします。

      今回の配偶者控除の改定には到底納得できません。
      しかも、基礎控除を減らす報道まであり、サラリーマンいじめは辞めて欲しいです。

      これからW受験は大変ですね!うちも3歳差でしたからお気持ちはわかります。
      お金の話はなかなか出来ませんから、ここでよければいつでも愚痴って下さいね。私もブログで愚痴りますから。(笑)

    2. 同感です。給与は降って湧いてきているものではありません。一生懸命働いた労働の対価として、当然の権利として受け取っているのです。
      こんなことが続けば、労働の意欲がなくなり、ますます日本人は世界の中でおいて行かれるのではないでしょうか?
      支給額よりも手取り額の差を、マスコミは報道してほしいです。
      支給額から受ける、印象よりももっと違った感覚になると思います。

  2. しんさん、はじめまして。コメントありがとうございます!

    https://smart-flash.jp/lifemoney/money/5819
    この記事に書かれていたんですが、香港では年収1千万円の所得税が5万円なんだそうです。日本だったら所得税と社会保険料で300万円くらい引かれてしまいます。これでは国際競争に立ち向かえませんよね…

    頑張って稼いでいる人から搾取していく日本の累進課税もどうかと思います。稼ぐ意欲がなくなってしまうのでは?と懸念しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です