【4502】武田薬品工業、シャイアー買収報道で株価暴落!

こんにちは、kinkoです。

武田薬品工業は、アイルランド製薬大手シャイアーの買収を検討しているそうです。

シャイアーの企業価値を1株あたり47ポンド、総額427億ポンド(約6兆7千億円)とし、現金と武田の新株を組み合わせたM&Aを打診しました。この買収が成功すれば日本史上最高額となります。

 

製薬会社シャイアー

 

シャイアーは、1986年に創業され、血液や免疫系の難病薬に強みを持つアイルランドの製薬会社です。2016年には米バクスアルタを買収しており、バイオ治療薬に注力しています。

2017年12月期の売上高は約152億ドル(約1兆6200億円)、純利益は約42億ドル(約4580億円)で、売上高は武田とほぼ同じですが、純利益は4倍もあります。

シャイアーは、利益率が高く魅力的なことに加え、アイルランドの法人税が12.5%と低い(日本は29.97%)ことも買収を打診している理由でしょう。

米製薬大手のアラガンも買収の名乗りをあげましたが、株価の急落や大株主の反対に逢い、即刻取り消しました。(米国企業は行動が早い!)

 

武田薬品工業の株価暴落!

 

この買収報道を受け、武田の株価は暴落しています。企業規模と同等の新株発行を行えば、株式数は実質倍になりますから、株価が半分になってもおかしくないと思います。

4月20日の終値株価は、前日比−238円(−4.67%)の4,857円で、年初来安値を記録しました。1月高値の6,693円から約3割ほど下落しています。

1株配当は180円で、配当利回りは3.71%ですが、この買収で大きな負債を抱えると、高配当を維持できるか疑問です。

このまま株価の暴落が続けば、武田CEOのクリストフ・ウェバー氏の考えも変わるかもしれません。ちなみに昨年の社長報酬は10億4,800万円ですって!(従業員の平均年収の103倍)

参照:ヤフーファイナンス

昨年、製薬企業の就活をしていた娘によれば、最大手の武田薬品工業の研究部門の求人がなかったそうです。その頃、研究者400人の人員削減を発表していましたから当たり前ですね。

製薬企業は、新薬を開発しても特許が切れればジェネリック(後発医薬品)に押されますし、医療費抑制のために薬価は引き下げられる方向です。

研究開発は膨大な資金と時間が必要ですから、他社を買った方が早いということでしょう。

武田にとってシャイアーの買収は魅力的かもしれませんが、同じくらいの規模で利益の多いシャイアーからみれば、武田に買収されることにいったいどんな利点があるのでしょうか?とても不思議です…

【関連記事】

シャイアー買収額7兆円!5つの懸念と一つの光明

シャイアーと合併へ!今後の株価はどうなる?

 

ま と め

 

  • 武田薬品工業がシャイヤアーを買収計画
  • 日本史上最高額のM&Aなるか?
  • M&A成功なら株価低迷、減配リスク

 

お読み頂きありがとうございました!

ポチっとしてくれると嬉しいです♪(๑˃̵ᴗ˂̵)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村