kazも一考

7月21日、コロナ飲み薬候補「ゾコーバ」の承認見送りと塩野義製薬(4507)の株価変動

主人
主人
こんばんは、Kaz🍀です。

昨日、7月20日の厚生労働省の専門家委員会にて、塩野義製薬(4507)が開発している新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」の承認が見送られました。「有効性が推定できるとは判断できない」との結論で、継続審議されることになります。国民にも患者にも投資家にも期待されていただけに、この結果は本日の株価に大きく影響することになります。

Kaz🍀が退職してザラ場を見られるようになって、このような場面が過去2回、4月と6月にありました。いずれも、1日内に落胆売り底値からの3~4割回復しました。自称「落ちるナイフ掴み派」にもかかわらず、初値で買えなかったKaz🍀とkinkoさんは、この両日を反省して、本日の相場に備えるつもりでした。

ところがです。本日は急遽、朝10時から外出することになりました。外出に備えて、いくつか注文を入れることで精一杯でした。急にkinkoさんは塩野義製薬の事を思い出し、1時間位のデイトレで7000円の利益を上げていました。

要約すると簡単ですが、kinkoさんには、いろいろな葛藤や苦悩があった様です。

塩野義製薬(4507)のデイトレと考察

kinko
kinko
忘れてた!急いで、塩野義買う。
kinko
kinko
買うの早かったかも。買値より落ちてきた!
kinko
kinko
早くもプラス1万円! いくらで売ろう?
kinko
kinko
プラス5千円まで落ちてきた。どうしよう?
kinko
kinko
売った! 7千円の利確! 売ってスッキリした。

傍から見ると楽しそうにも、辛そうにも見えましたが、下の5分足のチャートを見ると何も変化なかったように静かな日内変動にも見えます。でも、そこがギャンブルや株取引の難しいところだと思うのです。先の見えない中で勝負していると、小さな変化も大きく感じるものです。奈落の底に続くかもしれない一本道に見えるかもしれません。そのことを私達は理解しなければなりません。

一方で、過去の変化も学習していかなければなりません。本日も終わってみれば、始値からの3割戻しで引けています。過去のチャートと同じ傾向なのです。過去を参考に動けていたら、2万円の利益を得たかもしれません。

それでも、3回目の暴落の機会にチャレンジしたkinkoさんは一歩前進できたのだと思います。こうやって私達は少しずつ成長していくのだと思いました。

 

一方、Kaz🍀は時間に追われて塩野義製薬は買うことができませんでしたが、指していた銘柄の中ではNTTデータ(9613)とマネックスG(8698)が売れており、本日の実現損益は19,027円でした。ごち🙏

*銘柄情報含みますが、くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村