ビル・ゲイツの7つの予言を独断と偏見で考察!

 

こんにちは、kinkoです。

アメリカの大企業「マイクロソフト社」の創業者、ビル・ゲイツ氏は、知らない人がいないほどの大富豪です。

kinkoは、彼が「世界人口5億人計画」のメンバーという話を耳にしてから、若干、懐疑的であります。彼の演説映像を見ると、それらしい話をしていますから、全くの噂話でもなさそうだと思っています。

最近、彼が軽井沢に広大な土地を購入し、大きな建物を建築しているそうです。地下3階は別荘にしては不自然だというオカルト業界では、秘密結社の集会場なのではないか?と憶測が憶測を呼んでいます。

今回、『ネプスちゃんねる』という動画で、「ビル・ゲイツの7つの予言」が気になったので、考察してみたいと思います。

 

ビル・ゲイツの7つの予言

 

1. 10〜15年以内に1年で3000万人が感染症で死亡

2. 2019年までにポリオが根絶

3. エネルギー問題は劇的に改善

4. AI(機械化)によって多くの職業が消える

5. アフリカの農業の自給率ほぼ100%

6. デジタルマネーが貧困層の生活を向上

7. 2035年には貧困国は存在しなくなる

ビル・ゲイツ氏は、「このような未来を作るにあたっては、経済的支援やインフラなどの環境整備が必要と考えており、予言ではなく実現するように行動すべきだ。」と言っているそうです。

実現できるようにする?

・・・

では、順に考察していきます。

彼は「急激な人口増加によって感染症が蔓延する」と言っています。そして、ビル&メリンダ財団は感染症対策活動に巨額の寄付をしているそうです。とても良い人ですね!

でも、感染症で年間3000万人死ぬよ…と言っている根拠がわからないのです。

ポリオ根絶についても、2012年にインドでポリオが撲滅された影で、未試験のポリオワクチンを使い、47500人に麻痺の副作用が出ているのです。パキスタンでも死亡例があるなど、彼は非難されているそうです。

インド、ビル・ゲイツのポリオワクチンキャンペーン開始 まひの症例が急増

世界人口が増えていく中で、エネルギー問題は解決するでしょうか?何か画期的な方法が発明されたのならわかりますが…

AIについては、徐々にその方向に向かっています。「仕事を取られる」と考える人と「仕事が楽になる」とポジティブに考える人に分かれると思います。その点については、本人の努力次第になるかと思いますが、富の分配(ベーシックインカム制度)をしなければ、貧困層は増えるような気がします。

デジタルマネーが貧困層の生活を向上?アフリカの農業自給率がほぼ100%?頭の悪いkinkoが考えつくことは、人が少なくなれば可能だなーということです。

2035年までに貧困層がいなくなるってことかしら?

労働はAIに任せて、人間みんなセレブになれる?そんな夢のような話が実現するのなら彼を応援したいですけどね。早く具体的な施策を知りたいものです。

それでも、76億人全員は無理かも…

やっぱり5億人くらいが丁度いいのかしら?

5億人÷76億人≒6.6%

この中に入るにはちょっと無理そう…

※あくまでkinkoの妄想です。

【関連記事】

ビル・ゲイツが予言!?リーマンショック級暴落が起こるって本当?

お読み頂きありがとうございました!

ポチッとして下さると嬉しいです♪(*^^*)

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村