【コロナショック】NYダウ1ヶ月で9100ドル大暴落の顛末!

こんにちは、kinkoです。

米国市場のコロナパニック売りは凄まじいですね!

3月16日、NYダウは1日で2997ドル安と過去最大下落を記録。

でも、なぁ〜んか変🤔と思うのは私だけでしょうか?

一応、備忘録として記事に残しておきたいと思います。

数年後に「そんなこともあったねー」と笑える日が来ることを信じて…

 

歴史的な大暴落の背景

 

この暴落の主な原因はコロナウィルスの世界的パンデミックです。

1月23日に中国が武漢(1100万人都市)を封鎖。

2月初旬には、ダイヤモンドプリンセス号を始め、日本や各国にコロナウィルスが広がり始めていた。

ところが、先取りするはずの株式相場は連日の高値更新だった。

2月12日のNYダウは29511ドルという史上最高値に迫る高値を維持していた。

ようやく株価が動き出したのは2月24日、NYダウが28000ドルを割り込んだ。

ここから怒涛の売りが始まったのだ。

直近3回も1日で2000ドル超えの下落を記録した。

引用元:読売新聞

約1ヶ月で3割も下落したのは経験したことがない。

VIX恐怖指数もリーマンショック時の89に迫る82となった!

急激な暴落の理由

 

1. パンデミックによる世界経済への影響

2. AIによる偏った相場展開

3. リセッションへの懸念

4. 何者かによる価格操作?

1〜3はおおよそ想像できる。

4は、増田俊男氏の『<時事直言>不思議なことには「裏」(真実)がある』からの引用だ。

これを読むとFRBがゼロ金利政策とったのに株価が暴落したワケがわかる。

ちょっと陰謀論っぽいが、そういう勢力がいるのも確かだ。

そして、増田氏曰く、大統領選挙へ向けNYダウは4万ドルを目指すという。

今の段階では俄かに信じがたい。

kinkoはまだまだ下がると思っているのだが…

コロナショックの考察

 

欧米諸国とアジアが軒並み国境間の封鎖措置をやり始めた。

もうすでに自国でコロナウィルスが蔓延しているというのにだ。

いまさら感が半端ない。

国境を封鎖するなら中国が武漢を封鎖した1月末だっただろう。

だって、あの中国が封鎖だよ?おかしいと思うよね?

私はすぐに妹に電話をし、マスクを買うように促した。

妹と一緒に住む母には肺の疾患があるからだ。

店頭から消える可能性があると思ったのは、マスク→トイレットペーパーなどの日用品→食料品だ。

できれば半年分ストックするようにお願いした。

2ヶ月近く経ち、ほぼ想像通りの展開になっている。

そして感染したくなければ、人となるべく接触しないようにすること。

引きこもりは最強なのだ。

ウィルスより人間の方が怖い

 

陽生だった人が他人にわざと移そうとしたり、マスクの高額転売や便乗詐欺の事件をニュースで見ると本当に嘆かわしい。

コロナウィルスよりもよほど人間の方が恐ろしい生き物だと思う。

人が困っているときに、なぜ他人の傷口に塩を塗るような真似ができるのだろう?

心が荒んでいるのだろうか?とかいらん事を考えてしまう。

自分はそういう風になりたくないし、そういう人に関わらないように気をつけたい。

1日でも早くコロナウィルスが終息しますように!

お読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村