日経暴落でも【4661】オリエンタルランドが好調な理由と今後の株価は?

引用元:ウィキペディア

こんにちは、kinkoです。

日本市場は方向感なくジリ貧基調の日経平均株価ですが、そんな中でも逆行高となっているのは、オリエンタルランドです。

今年4月、オリエンタルランドは、2023年までに3350億円をかけ「アナ雪」などを題材にしたニューアトラクションの建設を発表、高級ホテルなども併設する予定で、敷地面積は2割も拡張するそうです。

 

オリエンタルランドが好調な理由

 

【4661】オリエンタルランド株価

7/4終値株価11,500円
PER47.23倍
PBR5.24倍
配当利回り0.35%

 

【オリエンタルランド1年チャート】

参照:ヤフーファイナンス

ここ1年のチャートは、きれいな右肩上がりです。PERはすでに47倍となっており、テクニカル的には買われすぎだと思いますが、優待銘柄でもあるため下値不安は少なそうです。

個人投資家の中には、東京ディズニーリゾートの入園券(大人7400円分)を狙って、株を購入している人も多いと思います。今年は、開設35周年記念として3年、100株以上保有している株主に対し、入園券2枚を追加で進呈してくれます。

そして、5年後の2023年にはさらに4枚も追加で入園券を頂けるのですから、なかなか株は手放せないでしょう。新しくなった東京ディズニーリゾートへ行きたいでしょうし、家族からも「株、売らないでぇ〜」と言われそうです…

参照:ヤフーファイナンス

オリエンタルランドが好調な理由は、まだあります。

下記のグラフを見ると、入園料を値上げしても入園者数は増え続けています。営業利益はここ5年間、1000億円を超えていて順調です。

出所:日経デジタル

日経新聞によれば、東京ディズニーリゾートの2023年の年間来場者数は4000万人(2019年3月予想の3割増)を見込んでいます。入園料を7400円→1万円に値上げすれば、1株利益は699円と試算することができ、2019年3月期予想の2.9倍になります。

新設されるキャラクターは、あの大人気だった「アナ雪」と「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」で、固定ファンが多いとみています。さらに、訪日外国人をターゲットにした高級ホテルも建設し、集客を呼び込む方針です。

と、ここまでは良いことづくめですが、不安な点もあります。

東京ディズニーリゾートで一番嫌なところは、『混雑』だと多くのみなさんが感じていることでしょう。2割の敷地拡大に対し3割の入場者増となると、今より混雑することは目に見えています。開閉園時間の幅を広げるとか、思い切って24時間営業にするとか何らかの対策を講じて欲しいと思います。

 

kinkoが買うならウォルトディズニーかな?

 

オリエンタルランド株が今後上昇が見込まれるとしてもkinkoは買うつもりはありません。なぜなら、1単元購入するのに115万円と高額なこと、配当利回りが低いこと、優待券がkinkoにとって必要ないからです。

散々、煽っといて買わんのかい!と言われそうですが…もし、kinkoが買うとすれば、親会社のウォルトディズニーの方でしょう。

オリエンタルランドは親会社の【DIS】ウォルトディズニー社へロイヤリティ(入園料10%、キャラクターグッズ5%)を払っているそうです。著作権の使用料だけで、売上高のおおよそ7%も搾取されているんです。しかも経常利益に対してではなく、売上高にかけちゃうところがミソで、ウォルトディズニーやるなぁ〜!と感心しています。

ウォルトディズニーの7/3終値株価は104ドルで、配当利回りは1.6%ほどです。もうちょっと配当利回りが欲しいので、購入は見合わせているところです。

※投資は自己責任でお願いします。

 

ま と め

 

  • 2023年、アナ雪などのニューアトラクション新設
  • 4000万人の来場者数と入園料は1万円?
  • 開設35周年、40周年記念優待品あり(保有3年以上)

お読み頂きありがとうございました!

ポチッとして下さると嬉しいです♪(๑˃̵ᴗ˂̵)

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村