米国株投資

NYダウ史上最高値37000ドル超え!FOMC利上げなしで円高日本株安へ!

kinko
kinko
こんにちは、kinkoです

今年最後のFOMCは市場の予想通り「利上げ据え置き」でした。政策金利が頭打ちとなったことで、米国債権価格が下がって株価が上昇しました。

NYダウは前日比+512ドルで37090ドルの史上最高値を記録しました。こうなってくるとチャート的には青天井なので、どこまで上がるかわかりません。S&P500指数も4700を超えてきましたし、米国株へ投資しているみなさんはウハウハですね。

今年は米国の大統領選挙前ということで、アノマリー通り株高で終わりそうです。ナスダックはこの1年間で30%も上昇しましたし、春の銀行破綻が嘘のようですね。来年の利下げが始まるまでは株高が続くだろうと思います。

米国株は堅調ですが、日本株はどうでしょうか?

日米の金利差で為替が動きます。米国が利下げし日本がマイナス金利解除となれば、円高へ進むのは当然です。本日は円高株安となり、特に輸出企業の株価が大きく下落しています。

今年の日経平均株価は年初から2割ほど上昇していますから、調整が入ってもよい頃かもしれませんね。政治の方も裏金問題とかでガタガタしていますし…(ホント、呆れます😫)

日経平均株価を見ると、30500〜33800円のレンジ相場です。上下どちらか抜ければその方向へトレンド転換すると思います。

日本株は長期で上昇すると思っているので、高配当株は下がれば買うチャンスなんですよねー。どこまで下がるかわからないからこそ少しずつ買っていきます。

※投資は自己責任でお願いします。

逆イールド解消後のリセッション

さて、絶好調の米国株ですが、山高ければ谷深し!という格言にあるように暴落はいつかやってきます。

多くのエコノミストが暴落時期を予想しますが、占いと一緒で当たる人はごく僅かしかいません(笑)。ましてや、個人投資家の予想なんて外れて当たり前です。

ただ、過去に逆イールド解消後にリセッションが起こりやすいよ!という事実は頭に入れておきたいところです。

今はまだ国債の利回りは2008年と同水準くらい高いです。これが急激に下がりだすと要注意といったところでしょう。

とはいえ、タイミングをはかるのは至難の技です。私の場合、考えすぎて機会損失を起こすのが関の山でしょう。だったら、王道のインデックスの積み立て投資を多めにすることにしました。特に新NISAはとてもよい機会だと思います。

日本株の個別株も難しいのに、為替が絡む米国株はさらにややこしいですから、買うならETFか投資信託にしようと考えています。

ちょっと暴落を期待しているkinkoでした!

お読み頂きありがとうございました!

投資は楽しく〜♪暴落はチャンス〜♪
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村