2日に1度の『筋肉貯金』で寝たきりを防止しよう!

 

こんにちは、kinkoです。アラフィフになって「健康第一」となり、テレビの健康番組ばかりを見ています。

“羽鳥慎一のモーニングショー”の中で、筋肉を減らさないようにする『筋肉貯金』をする事で将来の寝たきりを防止できるという特集がありました。

運動が長生きの秘訣であることはよく知られていますが、『筋肉』の減少がさまざまな病気に関係があるとは驚きでした。30歳から筋肉は減り始めるそうですから、若い人も注意が必要です。

足の筋肉を2日に1度鍛えるだけで筋肉貯金が出来き、将来の寝たきり防止になるのなら、今日からやるしかありません!

 

筋肉残高チェック

 

まずは、筋肉が衰えていないかをチェックしてみましょう。

下記の図のように、椅子に座り両腕を胸の前で交差します。そして、勢いをつけずに片足で立ち上がり、3秒静止します。

出所:モーニングショー

番組で調べたところ、65歳以上で立ち上がることが出来た人は10/50人でした。80%の人は筋肉が衰えているようです。

筋肉が衰えると、立ったり歩いたりする機能が低下しています。特に足の筋肉は加齢で衰えやすく、ほうっておくといずれ寝たきりへと繋がるそうです。

「筋肉」は、何歳からでも貯金できるそうですから、今からでも鍛えて「筋肉貯金」をしていきましょう。

 

30歳から減り始める筋肉

 

出所:モーニングショー

運動などをしていない場合、人間の筋肉量は20歳代が多く、30歳からは徐々に減り始めるそうです。

上記のグラフを見ると、筋肉貯金をしている80歳の方としていない30歳では、筋肉量がほぼ同じです。さらに同じ年代の筋肉量の差は倍近く違う事がわかります。

筋肉残高が減ると…

・心筋梗塞、脳卒中が2〜3割増加
・血糖値が上がり、糖尿病になりやすい
・認知症のリスク

特に冬は活動が低下することにより、筋肉量が減少しています。少しの段差でもつまづいて転倒したりと危険な季節です。

イギリスで世界17ヶ国14万人を調査した結果、握力が5kg弱くなる毎に、死亡リスクが16%増加するという報告があり、筋力が寿命に関係することがわかりました。

 

筋肉ビック3を鍛えよう!

 

筋肉ビック3と言われる、太もも、お尻、ふくらはぎで全身の筋肉の7割を占めています。この3つの筋肉を効率的に鍛える事で「筋肉貯金」ができるのです。

テレビを見ながら「ゆっくりスクワット」

椅子に腰掛けるつもりでスクワットをします。5秒でしゃがんで5秒で立ち上がります。これを15回すれば2日分の筋肉貯金が出来ます。(椅子は使わない)

出所:モーニングショー

 

座りながら「つまづき防止」

椅子に浅く腰掛けて、足を前へまっすぐ浮かせます。そこから5秒で胸に向かって膝を曲げ、5秒でゆっくり伸ばします。この時足は浮かせたまま、同じ動作を15回繰り返します。

出所:モーニングショー

上記のながら運動の他に、ウォーキングする時は手を大きく振って大股で歩く、エレベーターはなるべく使わず階段の登り降りをするなど、日常生活の動作に少しだけ負荷をかけるだけで、筋肉量が増えるそうです。

kinkoは今年から毎朝のラジオ体操とブログの更新を続けています。筋トレも同じように習慣化したいと思います。(主人も巻き込んじゃお!)

 

ま と め

 

  • 「筋肉貯金」は何歳からでも出来る
  • 筋肉の減少は30歳から始まる
  • 筋肉ビック3は太もも、尻、ふくらはぎ
  • 日常の動作に少しだけ負荷をかけよう

 

お読み頂きありがとうございました!

ポチッとして下さると嬉しいです♪(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


“2日に1度の『筋肉貯金』で寝たきりを防止しよう!” への4件の返信

  1. これって老人向けの筋トレ内容ですよ。体力無い人向けの筋トレレベルです、体力ある人にはほぼ効果ないですよ~~。筋肉はあるレベルの力がかからないと筋肉付きません。本人の体力レベルの50%以上の力がかからないと筋肉付きませんよ。老人レベルの筋トレしても時間の無駄になるだけ。個人の体力レベルに合った筋トレしないと筋肉付きませんよ~~、気を付けて~~

    1. たまさん、こんにちは!

      ほぼ引きこもり状態の私には、これだけの筋トレでも筋肉痛です。σ^_^;

コメントは受け付けていません。