振込手数料より少なかった4年分の利子&煩雑過ぎる別支店での解約手続き

 

こんにちは、kinkoです。

最近、友人のお父様が亡くなり、相続の手続きに苦労したという話を聞きました。銀行口座の預金を相続するのに、死亡届はもちろん、名義人の生まれてから亡くなるまでの本籍地の書類などの提出を求められたそうです。それぞれの銀行へ提出しなければならず、とても面倒だと言っていました。

いずれ相続人になる子供達の手間を考えると、口座は少ない方が良いでしょう。特に休眠口座は、銀行にとっても迷惑かもしれません。

前回、『必要なくなった「思いやり貯金」の運用と休眠口座の整理』の記事を書いた事もあり、田舎へ帰省するついでに「思いやり貯金」の解約と口座の閉鎖をする事にしました。

 

利子より振込手数料の方が高かった!

 

約4年間の100万円の定期の金利がたった862円でした!

ええっーー!少な!!

しかも、信金さんの振込手数料は864円かかりました。

なんと元金割れのマイナス2円。( ;´Д`)

4年間も預けて損してるぅ〜〜!(泣)

現金で引き出せば良かったな…他に主人の分とかも合わせて手続きしていたので、気がつかなかった自分が悪い!あーあ、大失敗でした。(ショボーン)

もし、その100万円でJT株300株買っていたら、4年分の配当が144,000円(税抜)…比べると随分違うのよね…取らぬ狸の皮算用だけどさ〜。

 

信金の別支店取引は大変

 

友人の娘さんが勤務していた支店は、家から車で30分もかかります。近所に歩いて行ける距離の別支店でも解約が出来ると聞いていたので、そちらで手続きをしました。

kinkoの手続きは、

1、定期の解約
2、証券口座へ振り込み
3、口座の閉鎖

たったこれだけなのに、月曜日に定期の解約で通帳を預け、水曜日に振り込みと口座の閉鎖の書類を提出、通帳とキャッシュカード(返却)を渡しました。金曜日にようやく手続き完了の明細と閉鎖された通帳が戻って来ました。

その通帳の支店で手続きをすれば、1日で終わることなのに、別支店だと1週間もかかってしまうのです。ホント、受付のお姉さんには大変迷惑をかけてしまいました。タクシー代をケチって近所の支店で済まそうとしたばっかりに、申し訳ないことをしました。

でも、顧客側からすれば、支店の違いだけで手続きが煩雑し過ぎやしませんか?もう少し融通きかせて欲しいなぁ…とも思ってしまいました。

今後、マイナンバー登録が義務化されることにより、手続きが簡素化されることに期待します!

 

ま と め

 

  • 100万円の利子は手数料に及ばず
  • 信金の別支店での手続きは複雑
  • 定期より株式投資がしたいな…

お読み頂きありがとうございました!

ポチッとしてくれると嬉しいです♪(*^^*)

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村