経済の話題

【日銀政策決定会合】大規模金融緩和を維持!現在の相場サイクルはココ!

kinko
kinko
こんにちは、kinkoです

昨日の日銀金融政策決定会合で大規模金融緩和継続が決定しました!

材料出尽くしなのでしょうか?昨日の日経平均株価は37000円を目前にして急落、前日比−29円で終了しました。そして、本日も利益確定売りが目立つ展開となっています。

年初から12%も上昇していましたから、アク抜きの調整が入るのはちょうど良いことだと思います。

日銀は、なぜか物価上昇率2%の安定に拘っていますが、すでに1年9ヶ月も2%を上回っています。実質賃金の上昇が見込まれれば、金融政策の変更がなされることでしょう。つまり金利が上がるということです。

しかしながら、植田日銀総裁の発言によると、マイナス金利を解除しても金融緩和を当面続けそうです。

植田総裁は物価見通しを達成した後の金融政策について、「仮に見通しの達成が視野に入って、マイナス金利を解除することになったとしても極めて緩和的な金融環境が当面続くことは言えるということだと述べました。

金利⤴️、お金擦るまくり⤴️ということは、貨幣価値が下がるということになります。それは物の値段が上がる(物価高)と同時に株価も上がっていくことだと個人的には解釈しました。予想通り、本日銀行株が上昇していましたね。

金利が上がって困るのは、負債の多い企業や不動産業です。金利がどのくらい上がるのかにもよりますが、将来的には今より利払いが増え業績に影響が出ることが懸念されます。

しかし、全体ではまだ株価が上昇していくと思います。なぜなら、相場サイクルが業績相場へ入るところだと思っているからです(あくまで個人の意見です💦)。

現在の相場サイクルの位置

たけぞうさんのブログから相場サイクルを引用させて頂き、現在がどの位置か確認してみたいと思います。

明確にココだ!と言い切れないのですが、おおよそ今の経済状況からみると、円安・株高の金融相場から業績相場へ移行している頃だと思います。

現に日経平均株価は上昇しており、今まで放置されていた割安銘柄が物色され始めています。本格的な業績相場になると、景気が良い→もっと株価が上がるという図のようになると思います。

この状況を長く続けるために、日銀はマイナス金利の解除を先送りしたのかもしれませんね。😅

金利が上昇すると逆金融相場に入りますが、すぐに株価が下がるわけではありません。それは、米国市場を見ればわかりますね!米国は長期金利が一時5%を超えたにもかかわらず、NYダウは史上最高値を更新しています。

日本市場は、ようやく昨年から上昇相場へ入ったと思われます。新NISAも始まり、海外投資家の買い越しも続いています。株価は紆余曲折しながらも上を目指していくと思います♪

kinko
kinko
楽観しすぎ?

お読み頂きありがとうございました!

割安銘柄を教えて!🙏
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村