不労所得を得るために投資セミナー代を支払う必要ある?

 

こんにちは、kinkoです。

日経電子版を愛読していますが、特にマネー・ライフのカテゴリーが大好物です。その中に家計再生コンサルタントの横山さんへの相談がこれまた面白かったのでご紹介します。

今回の相談者は30代独身女性、「結婚後、不労所得で生活するにはどうすればいいか?」という内容です。

投資のセミナー代60万円

 

結婚前の女性なら節約方法や貯蓄額、どんな生命保険に入ればいいとかといった支出面を気にすると思うのですが、いきなり不労所得で生活したいとは驚きます。

パートナーの浪費癖に加え、結婚後は専業主婦として子供を自分でみたいという理由があったからです。

この女性は投資の勉強のために年間60万円もかけて投資セミナーに通っているようです。そこで教わった個別株やFXに投資していますが、思うような成績を上げられていないとの事でした。

成績が伴わないセミナーに年間60万円ですって!

そのお金で投資しなよ!とツッコミたくなります。

キラキラ起業女子といい、何かを始めようと思いつく女性は、安易にセミナーに行くのでしょうか?お金を払えば、儲け方を教えてくれるとでも思っているのでしょう。

主人曰く、「儲ける方法があったら誰にも教えない、独り占めする。」そうです。

セミナー講師だって、株やFXで儲けていたら、講師なんてするでしょうか?皆さんに自分の投資方法を教えたいならブログで十分です。もしくは、ボランティアで講師をするのではないでしょうか?

『勉強』と言えばいくらでもお金をかけていいという考えでは、いつまで経ってもお金は増えません。投資よりもまず家計管理を学ぶ事をお勧めします。

 

家計簿診断を切る!

 

【手取り月収】

相談者:241,000円
彼氏   :296,000円   計537,000円

【毎月の支出】(円)

支出項目改善前横山案kinko案
住居費79,00079,00079,000
食費55,00050,00040,000
光熱費16,00016,00012,000
通信費9,0009,0009,000
生命保険3,0003,0003,000
日用品費18,00011,00010,000
医療費2,0002,0002,000
セミナー代52,00010,0000
交通費29,00015,00015,000
被服費8,0008,0000
交際費30,00013,00010,000
娯楽費20,00010,00010,000
夫小遣い50,00050,00030,000
妻小遣い50,00050,00025,000
嗜好品2,0002,0000
その他8,0008,0008,000
支出合計431,000336,000253,000
貯蓄・投資106,000201,000284,000

 

相談者に対し、コンサルの横山さんは、「不労所得にこだわってばかりいるのは、時間とお金の無駄」とはっきり伝えたようです。

さらに「結婚資金を貯めなければならない今は、必要なことは何なのかを見極め、節約して貯蓄するべきだ。」とも言いました。

まさしくごもっともです。ですが、横山さんの家計改善案は優し過ぎます。

同棲中のカップルやまだ子供がいないDINKSの家計で大切なのは、妻の分の給料はなかったものとして、貯蓄や投資をする事です。

常に夫の給料のみで生活出来ていれば、いざ妻が退職したとしても、揺るぎのない強靭な家計ができているはずです。

kinkoから見れば、お二人の小遣いが高過ぎます。それぞれの手取りの1割をお小遣いの目安にして、理美容費や被服費は極力ここから出すようにしましょう。

子供のいないご家庭でこの収入であれば、月28万円は貯蓄や投資に回せると思います。

月々の生活費を抑えつつ、ボーナスで旅行や大きな買い物をすれば、節約生活のストレス発散にもなります。

DINKS時代に貯めた種銭によって、その後の投資のリターンが大きく違ってきます。若いからこそ、散財をしないで欲しいなと思います。

 

ま と め

 

  • 有料セミナーが本当に必要か考えよう
  • 投資の前に家計の見直しをしよう
  • DINKS時代は妻の給料はないものと思おう

お読み頂きありがとうございました!

よろしければ、ポチッとお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です