【アポ電強盗や投資詐欺に注意】インフレに強い老後の資産形成をしよう!

こんにちは、kinkoです。

厚生労働省が4年ぶりにマクロ経済スライドを発動しました!

うん?何やそれ…難しい経済用語で誤魔化そうとしてない?

小学生でもわかるように説明すると、物価と賃金が上がったので、公的年金の支給も増やしますってことです。

でも、物価上昇率1%賃金上昇率が0.6%(あれ?3%じゃなかったんかい)に対して、年金額の引き上げは僅か0.1%だそうです。

 

老後の大敵はインフレだ!

 

物価上昇率に対しての年金額の引き上げは1/10です。

はい、年金受給者はどんどん貧乏になります。

年金受給者の母は、介護保険料の値上がりが大きく、手取りは年々減っていると言っています。

物価の上昇に加え、10月の消費増税で2%アップが決まっていますから先行きが不安なのもわかります。

銀行預金、タンス預金、投資と言えば国債というお年寄りにとって、インフレを考慮すると資産が目減りする一方です。

 

年2%の運用を目標にしたい

 

銀行の定期預金金利が平均0.01%、個人向け国債金利が0.05%では、物価上昇率に勝てません。

現在1ヶ月の生活費が20万円の場合、年2%のインフレが10年間続いただけで、同じ生活を維持するためには24万4千円も必要になります。

日銀の目標物価上昇率が2%ですからね、インフレ2%は無きにしも非ずです。

その分を資産の運用でカバーし、生活費に回すことも考えておきたいところです。

 

アポ電強盗に注意!

 

日本人のタンス預金は40兆円もあるそうです。

預金封鎖を経験した世代は、銀行を信用していないお年寄りも多く、現金で数百万円や数千万円も置いてあるお宅があります。

最近、お年寄りの家に電話をし、言葉巧みに現金がいくらあるかを聞いて強盗に押し入る「アポ電強盗」が流行っています。

お金だけでなく命まで取られるなんて、恐ろしい世の中になりました。

ペイオフで銀行預金の1千万円までは保証されるので、タンス預金よりはまだ銀行に預けておいた方が安全と思います。

 

投資詐欺にも注意!

 

【460億円投資詐欺】1万3000人も騙されるワケ!

元本保証、月利3%」という高額配当を謳った劇場型投資詐偽もニュースになっています。

投資に元本保証はまず有り得ないと思った方がいいでしょう。さらに高額過ぎる配当も疑った方がいいでしょう。

よくわからないものには手を出さない方が賢明です。

投資=詐偽かも?と疑って、1人で決めずに信用のおける身内に相談してみましょう。

 

投資の勉強をお勧め

 

あれも注意、これも注意…じゃぁ、いったいどこに投資すればいいのでしょう?

簡単に儲けられるなら誰も苦労しません。

まずは金融商品の勉強をしましょう。

個人ブログやツイッターで赤裸々な投資の失敗や成功などをを読めますから、ネットサーフィンしてみて下さい。

ただし、「無料、有料で有望銘柄教えます」のメルマガとか「〇〇塾」「株セミナー」などは自己責任でお願いします。

儲けているのに何故教えるのか?→セミナーの方が儲かるから

有望銘柄を先に買う→みんなに教えて買ってもらう→株価上昇→売り抜け

という方程式があるのかもしれませんよ?

投資は自己責任なので、どれだけ損をしても誰も損失補てんしてくれませんから…

 

少額から始めよう

 

投資の勉強をしたからといって、セオリー通りに進まないのが投資の世界です。

世界情勢、為替、政治etc…いろんな状況が絡み合って市場が動きます。

ですから、退職金などの大金を一度に投資信託に入れたりせず、せめて2〜3年かけて少しずつ投資していきましょう。

金融資産のリスク商品に預ける割合は、

100−年齢=リスク商品の割合

と言われますが、生活防衛資金を確保出来ているのであれば、100%株式でも構わないのでは?と思っています。

日本国債は金利が低すぎますし、外債は為替差損も加味しなければならないので、結局リスク商品なのではないでしょうか。

 

1円でも減るのが嫌な人

 

友人に定期預金オンリーの人がいます。

1円でも損するのが嫌だそうで、決してリスク商品に投資しません。

そういう人は詐欺にも遭わないでしょうから、何も言うことはありません。

投資しない方が幸せなら、それもアリですよ♪

※投資は自己責任でお願いします。

お読み頂きありがとうござました。

ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村