TOEICが900点でも海外赴任が務まらない理由とは?

 

こんにちは、kinkoです。

日本企業がグローバル化され、海外赴任するサラリーマンは珍しくなくなりました。kinkoの主人は、英語の日常会話は出来ても聞きなれない専門用語には苦労すると言います。

特に地域によって癖のある英会話になると大変そうです。欧州は、イギリスとアイルランドは英語圏ですが、フランス、ドイツ、オランダなどは日本と同じで母国語が違います。フランス人の英語は、日本人の中学校の先生の発音に近いらしく、日本人には聞きやすいです。

主人は、アメリカ人の医師に、「母国語以外(英語)を中学から教育する日本は凄いね」と言われた事があるそうです。アメリカ人は大学で自分が選考しない限り、第二外国語を習わないそうです。

そんな事を聞くとアメリカ人に生まれていれば、母国語が英語だったのに!なんて思いが湧いてしまいますね。

日本人は勤勉で真面目過ぎだ!と思うのが、海外との電話会議です。

日本、アメリカ、欧州の方々と電話会議をする時は、どうしても日本が真夜中で、他の国の方に合わせます。欧州人は時間外は働かず、アメリカ人は残業時間なら働く、日本人は真夜中でも休日でもいつでも働くというイメージがついてしまっています。

当然、真夜中の電話は家でしているのですが、近所迷惑にならないようにボソボソと…ちょっと怖いです。

 

海外赴任から返された人の話

 

最近では、TOEICの点数を海外赴任の選考基準とするところが増え、主人の会社では730点以上です。選ばれると幹部候補生として数年間をアメリカや欧州に赴任する機会を与えられることもあります。もちろん赴任手当などの待遇は良いので、海外赴任希望者は大勢います。

以前、3年間の予定で海外赴任されていた方が、1年半ほどで日本へ帰国しました。その方は、TOEIC900点以上でとても優秀という噂がありましたので、3年の研修も1年で終わったのかな?と思っていました。

でも、早めの帰国になったのには残念なワケがあったのです!

それは、コミュニケーション能力不足でした。

その方は、日本語でもあまり喋らない大人しい性格で、いわゆる『コミュ障』気味でした。日本での仕事は問題がなかったそうですが、海外では、話さない=仕事にならない、と思われてしまったそうです。

不幸なことに研修先の上司がおしゃべり好きだったため、赴任後半年も経たないうちに「この人とは無理、日本へ帰国させる」とダメ出しがあったそうです。それから1年以上は針のむしろだったに違いありません。

この外国人上司とは主人も話した事があるらしいのですが、本当に会議の前のスモールトークが長くおしゃべりだそうです。主人が「ロングなスモールトークだね」と言うと、冗談だと思って大笑いして、またしゃべる…文化が違うのでしょうか?こちらはこちらで困るそうです。

帰国された方は、全く懲りる事なく、また海外赴任を希望しているそうです。トラウマになっていないのは良かったです。(気がついていないのかも…)

TOEICが高得点でも積極的に会話をしないと、英語を喋れない人と同じ扱いをされてしまいます。むしろ文法が間違っていようが、片言の単語だろうが、喋ろうとする人の方が受けがいいのかもしれませんね。

2020年度から小学3年生から英語の授業が始まります。中学校では他の教科も原則英語で行う方針です。教師は大変だと思いますが、子供のうちから英会話に親しんでくれれば、親としては有り難いです。

お読み頂きありがとうございました!

ポチってくれると嬉しいです♪(*^^*)

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村