50代以上の熟年離婚が増えている!離婚を回避する方法!

こんにちは、kinkoです。

離婚の際、平成19年から厚生年金の分割が可能になりました。知り合いは、この制度を利用し熟年離婚をしています。

現行のままなら国民年金しかもらえなかったところ、夫の分の厚生年金が上乗せされたので、ひと月当たり7万円→12万円と5万円も増えたと言っていました。

でも、ご主人の厚生年金は25万円くらいだったので、もうちょっと上乗せされると思ったのですけどね、世の中そう甘くありません。

まぁ、きっちり半分持っていかれたら世の男性シニアは生活が困窮してしまいますから仕方ありませんが…

 

熟年離婚が増えている

 

ヤフーニュースのコラム「熟年離婚はビンボー老後のスタートライン!」によれば、熟年離婚は年々増えていて、2014年には全離婚中の熟年離婚の割合は16.6%を占めているそうです。

知り合いは、ご主人の女性関係が原因で離婚されていますが、多くの女性は定年退職後に夫と一日中一緒にいるのが嫌というのと家事から解放されたいという理由から離婚したいのだそうです。

婚姻期間が20年以上の夫婦が「熟年夫婦」と呼ばれるので、婚姻期間30年のkinko夫婦はバッチリ当てはまり、他人事とは言っていられません。

 

 

熟年離婚を避ける方法

 

結婚の3倍も大変な労力を使うと言われる「離婚」をできれば避けたいです。

熟年離婚は圧倒的に女性からの申し出が多いと言われていますから、女性の気持ちが重要になってきます。

先にあげた知人のように年金の分割をしてもきっちり半分貰えるわけではありません。

離婚してしまった知人は12万円、ご主人は20万円でそれぞれ家賃や光熱費が別々にかかっています。一方、離婚しなければ、夫婦2人の年金は月32万円で余裕のある生活が出来そうです。

コラムでは、耐えがたいほどの相手でなければ、「家庭内別居」を勧めていました。夫婦というより、同居人と割り切れ!ということなのでしょう。

卒婚」という家庭内円満別居で、お互いが干渉せずに好きに暮らすことも流行っています。

でも、そんなんじゃつまらない!って人は、お互いの良いところを見つけて褒めまくりましょう。

女性はいくつになっても女なんです。嘘でも「きれい」とか「カワイイ」とか言われると単純に嬉しいんです。

80歳くらいのおばあちゃんにも「おばあちゃん、カワイイね!」って言ってあげると、頬を赤らめます。きっとkinkoもそんなおばあちゃんになるだろうと思います。

結局、夫婦円満のコツは「思いやり」ってことでしょうね…

主人から「思いやられてない」って言われそう〜

お読み頂きありがとうございました!

他の家庭も覗いてみよう!

にほんブログ村テーマ 幸せ家族日記へ
幸せ家族日記