投資全般

【2024年大発会】波乱の幕開け!日本市場はどうなる?辰巳天井を検証してみた!

kinko
kinko
こんにちは、kinkoです

2024年元旦に起こった能登半島地震には驚きました‼️日本全体が揺れる大地震は東日本大震災以来で、未だに被害の全容がわかっていません。亡くなられた方の人数も日に日に増えています😭 この寒い中、被災された方へお悔やみを申し上げます。

今年に入って地震だけでなく、1月2日には日航機と海上保安機との接触事故で5名の方が亡くなりました。能登へ支援物資を運ぶ役割だっただけに地震の2次被害とも言えます。本当に悲しいことです。

さらに、1月3日には北九州市で大規模な火災が発生しています。この立て続けに起こる不運は偶然なのでしょうか?X上で囁かれているのは、緊急事態条項スマートシティ。気になる方はググってみてください。

2024年大発会の株価

災害時に株価が下がるのは当然だと思っていたのですが、日経平均株価が一時700円以上も下がる中、持ち株(ほぼバリュー株)は逆に上昇するという奇妙な相場でした。🤔

日経平均株価の終値は、前日比−175円の33288円で33000円以上をキープ、長い下髭の陽線引けでした。TOPIX指数(東証へ上場の全銘柄)はプラスに転じ、相場の強さを感じました。

kinko
kinko
こんなに戻るとは…

辰巳天井になるか?

今年の干支は辰年🐉 辰巳天井という相場の格言があります。

前回の辰年は2012年でアベノミクス相場が始まった年、その前が2000年のITバブル、もっと前は1988年の平成バブルでした。

年足で日経平均株価のチャートを見てみると確かに1989年と2001年の巳年にバブル崩壊していますが、2013年の巳年以降も上昇相場に入っていて格言通りではありません。1989年のバブル崩壊が大きかっただけに辰巳天井が浸透してしまったのでしょう。

長期チャートの形状は「カップウィズハンドル」のカップの部分を形成しつつあるように見え、1989年の日経平均株価の高値38957円へ向かって上昇しています。

コロナや震災のような突発的な災害で暴落しても長い目で見れば買い場だったことがわかります。だから、暴落は買いだと思うんですよね…

1989年のPERは80倍、現在は20倍ですから適正と言われている株価水準です。昨年から30%も上昇しましたが、やっと適正なんです😅よって、まだまだ株価は上昇すると思っています!(あくまで個人的意見です)

※投資は自己責任でお願いします。

お読み頂きありがとうございました!

今年も頑張ります♪
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村