投資全般

【プレジデント】投資で失敗する人の特徴!

kinko
kinko
こんにちは、kinkoです

ビジネス雑誌「プレジデント」で新NISA特集をやっていました。そして、投資で失敗する人の特徴も挙げられていて、思い当たる節が…💦

まず、新NISAで老後資金を増やす『6つの大原則』は以下の通りでした。

①来年からすぐ新NISAをやろう 
②ネット証券一択
③インデックスの「全世界型」か「全米型」
④つみたて投資枠の商品を成長投資枠でも買う
⑤1800万円をフル活用
⑥ETF以外はギャンブル

私が思っていることとほぼ同じでどれも納得することばかりでした。投資枠1800万円を個別株で分散するには難しいのでインデックス一択でしょう。

さらに、全世界株式(オルカン)なら景気後退期を加味しても長期では経済成長していくと予想されるので、一番リスクが低いように思います。

でも、インデックス投資って本当につまらないんですよね😅 だから、リスクが高い個別株へ投資してドキドキ💓したいんです(笑)。

投資で失敗する人の特徴

人はなぜ投資で失敗するのか?の問いに対して「心理的な影響で非合理的な決定をしてしまうから」とありました。まさにその通りで、パニック売りが典型例ですね。

投資はメンタルだけと言っても過言ではありません!人は得することよりも損することの方が敏感なんです。

【失敗1】リターンの変動を怖がる

日々の値動きに一喜一憂し、マイナスが続くと耐えきれなくなって投資を諦めてしまう人が失敗しやすいそうです。

そうは言っても株価は気になるものですから、何のためにその株を買ったのか?をよく思い出しましょう。配当金や株主優待狙いだったら長期で保有するつもりだったはずです。投資をやめないこと、相場の世界に居続けることが成功への鍵だと思います。

【失敗2】株価の暴落に耐えられない

コロナショックの時のように大暴落は今後も起こるでしょう。そういった大暴落時には優良株も一緒に下落します。含み損が増えることに耐えられず全て手放してしまう人が失敗しやすいです。

株価が大きく下がった時はむしろ絶好の買いチャンスなのです。人の行く裏に道あり花の山株式市場で利益を得るためには、他人とは逆の行動をとらなくてはならないという格言があります。暴落が来ると「バーゲンがやってきた♪」と嬉しくなるくらいな気持ちになりましょう。

【失敗3】ヤレヤレ売りをしてしまう

ずっと含み損だった株価が戻り、これから上昇という時に売ってしまうヤレヤレ売りをする個人投資家が多いそうです。はい、私もそのうちの一人ですから偉そうなことは言えません😅

で、どうすれば良いか?は「正しい期待を持つこと」だそうです。短期での株価の上下は当たり前と割り切って、長期目線で資産を増やすことを目指しましょう。株を買ったら忘れるくらいが丁度いいのかもしれませんね。

インデックスや優良株に投資すれば大暴落に見舞われたとしても、長期で見ればほんの一瞬のことに過ぎません。タイミングを計るよりもコツコツ毎月インデックス積立を行う方が将来のリターンは大きいことでしょう。

※投資は自己責任でお願いします。

kinko
kinko
投資は楽しく〜♪

お読み頂きありがとうございました!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村