仮想通貨ビットコインは投資価値があるのか?

 

こんにちは、kinkoです。今年は空前の仮想通貨ブームが到来していますね。金利もつかない、現物が存在しないビットコインに投資価値はあるのか?疑問を抱いたので、ビットコインの価格変動や人気の訳、ホリエモンが推奨する理由を検証していきます。

 ビットコイン価格変動

2017年5月15日、1ビットコイン207,634円ここ1年で価格は1.8倍

この時は、サイバーテロ犯がビットコインでの支払いを求めてた話題から価格を調べました。投資に興味のない主人でさえ、ビットコイン上がりそうだね、珍しくちょっと欲しいねって言っていました。

2017年5月25日、1ビットコイン 332,843円と10日で 13万⬆︎しています。

2017年5月26日、34万→22万と一夜にして3割以上の暴落

大口投資家が空売りしたとか言われていますが、はたして株のようにそんな事出来るのか疑問です。この急落には何か裏があるような気がしてなりません。

2017年5月29日、1ビットコイン263,993円

2017年6月7日、1ビットコイン308,595円

2017年6月29日、1ビットコイン290,222円

仮想通貨法の意味

『今年4月に利用者保護の目的で、通称「仮想通貨法」が施行されました。

条文は以下の通り、

“①物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

②不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの”

って、難しくてよくわかりませんね。ようは、誰とでもパソコン上でビットコインを売り買いできますよ。物もドルや円のように買い物できます。ってことですね。

オンラインゲームのドラクエ内で使われているゴールドやアプリ内のポイントとは違って、法律で資産価値があるって認められたんです。

ビットコインが人気な訳

  • 国内外の送金手段に便利である。(手数料ほぼなし)
  • イギリスのブレグジットやアメリカの政治不安による資産の移転。
  • 発展途上国では自国通貨より信用が高い。

もともとビットコインは、金と同じように絶対量を決めた世界通貨として生まれました。為替手数料がなく即時決済出来る便利な電子マネーです。発展途上国では自国通貨より信頼があるため、ほとんどの資産をビットコインに変えている人もいます。

ある試算では2030年までに1ビットコインが500万円になるのでは⁉︎と言われています。ビットコインはドルや円の紙幣と違い、絶対量が変わらないため常に「供給< 需要」であり、人気が出れば青天井となるという人もいます。

でも、今のところアメリカでは、ビットコインETFの上場は認められませんでした。再度チャレンジしており、上場するのも時間の問題とは思いますが、最先端をいくアメリカでさえ慎重なのには驚きます。

次々に新しい仮想通貨が生まれており、フィリピン政府公認と謳っているノアコインが話題です。しかし、現在、フィリピン政府は認めていない?との疑惑もあり、情報が錯綜しています。

ホリエモンが推奨

ホリエモンは、試験的にビットコインのトークン(仮想通貨上での株のようなもの)を発行してみたそうです。“HORIEMONCARD”というオリジナルの株は1枚3000円分のBTC(ビットコインの単位)で250枚を販売してみたところ即完売し、75万円分のビットコインが手元に入ってきました。

市場に出回ったHORIEMONCARDは、その瞬間からすぐにユーザー間で取引がなされ、一時期は販売価格の10倍まで値を上げたそうです。証券取引だと株の発行から取引まで一定の期間を要しますが、ビットコインはより手軽に取引が出来る事がわかり、かなりの可能性を感じたといいます。

こうした実験からホリエモンは、仮想通貨で株を買う時代がやってくると言います。

また、ホリエモンの助言通り、株式会社ヒトメディア代表取締役の森田正康さんが、仮想通貨「イーサリアム」に20万円を投資したところ、わずか数ヶ月後で700万円になっていたという話があります。

過去のビットコイン事件

ビットコイン事件といえば、3年ほど前にマウンドコックス社がサイバー攻撃により大量のビットコインが消失した事件がありました。結局、後にこの会社社長の関与が明らかになり、逮捕されたものの消失したビットコインは返ってきませんでした。

ロンブーの淳さんも被害者の一人だといいます。この事件がきっかけで世にビットコインの認知度が高まり、法律施行に至ったわけですね。

kinkoのようなアナログ人間は、どんなに魅力的な商品でも「仮想通貨」っていう響きだけで嫌悪感を覚えます。やっぱり仮想より現物が好きなんですよね。

分からないものには手を出さない方が賢明かもしれません。もし、買うのなら余裕資金というより、バクチで無くなってもいいお金の気持ちで購入したいですね。

ま と め

  • ビットコインは仮想通貨法で認められた
  • ホリエモンは仮想通貨で株を買う時代がくると予想
  • 購入するなら余裕資金で行いたい

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です