米国株【AT&T】購入履歴

AT&T  $38.88  100株、¥455,250約定 

〈購入理由〉

・配当貴族銘柄

・配当金利回り5.02%

・1$@110.75円と円高気味

米国株は毎月少しずつでも購入していくことを目標にします。北朝鮮問題などで、1ドル105円を切るような円高になったら大幅なドル転をする予定です。

 

AT&Tの会社とは?

 

アメリカ最大の電話電信会社です。AT&Tはアメリカン・テレフォン・アンド・テレグラフ(アメリカ電話電信会社)の略称で、マーベルMa Bellという愛称でも呼ばれています。

全世界に従業員は30万人もいます。

2015年にはNFL放映権を持つ衛星テレビ大手のディレクTVを5兆円で買収しています。

また、CNN、ワーナー・ブラザース(ハリーポッターやバットマンなどの制作)、CATV2位のタイム・ワーナーケーブル等を傘下に持つタイム・ワーナーを8.8兆円で買収することで合意しています。

AT&Tは、32年連続増配企業の配当貴族銘柄です。配当利回りが5%以上もあるためインカムゲイン狙いの投資家には向いています。

 

AT&Tの行方

 

  • 通信事業は成熟しきった市場であり、スマホ普及率はすでに100%を超えている。
  • AT&Tは次の成長軸としてメディアをターゲットにしてM&Aを進めている。
  • 固定設備投資が大きく、常にキャッシュフローを圧迫している。
  • 配当を除く経営指標はあまり良くない。
  • 生活に欠かせないインフラということで、しばらくは安定だと思われる。

 

競合他社比較

 

会社名財務健全性収益性割安性安定性株価モメンタム
AT&T968101
インテルサット39822
ロジャース7831010
スプリント3327
T-モバイル88776

※株価モメンタムとは、市場に於ける株価の相対的強さを表したものです。数字が高いほど株価が高くなるため、割安性はなくなります。

 

kinkoのAT&T考察

 

他社との比較では財務健全性は優良ですし、ベライゾンとAT&Tで通信事業の7割を占めている大企業という安心感があります。

世界に従業員が30万人と日本では考えられない人数を抱えていることから、もしも財務が落ち込むことがあれば、人員整理から着手するだろうと思われます。

米国は従業員より株主重視ですからね、可哀想だとは思いますが株主としては、会社存続と減配回避はお願いしたいところです。

また、株価の値上がりは期待できないものの安定性はバツグンです。スマホ普及率はすでにMaxで将来性があるかは疑問ですが、エンタメ事業など新たな試みに期待したいです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です